一番、オーソドックスで、誰でも一度はやったことがあるのが、T字のカミソリでの処理する方法ではないでしょうか?

もっとも手軽で、安価に出来るこの手法、デメリットも多く、2~3日に一度は剃らなくてはならないので、そっていくうちにどんどん、しっかりした太い毛が生えてくるようになったり、気づかないうちに、皮膚の表面を一緒にそってしまっている為、乾燥がひどくなったり、キメが荒くなったり、下手をすると血が出る事もあります。

次に多いのが、やはり毛抜きでの処理、私も、一時期暇さえあれば、やっていたのがこの手法で、このころは、毛抜き中毒になっていた気がします。

自宅で出来て安上がり、A型の私は、この細かい作業が結構好きで、1本1本完璧に毛を抜き、キュッと抜けることに快感さえ感じていたように思えます。

ただ、この毛抜きでの処理は、カミソリ以上に直接、毛穴がダメージをうけやすいので、毛穴から細菌が入ったり、毛穴がでこぼこしてきたり、膿んでしまったりと肌トラブルも多くなります。

友達がよくやっていたのが、市販の脱毛テープを使って処理する方法ですが、私は使用したことがありません。

ひざ下やひじ下などの広範囲をいっぺんに処理出来るため、あっという間に処理出来るよ~なんてお友達が言っていたのを思い出します。

でも、テープをはがす時に痛そうだったし、結局、一度ではきれいにならず、残ったものを毛抜きで抜いたり、ある程度のばさないと逆にきれいに抜けないなど、不便だったり、肌への負担も大きそうだったので、結局使わなかった。

もうひとつ、脱毛テープに似ているのが、脱毛ワックスで、原理は脱毛テープと同じですが、ミツロウやパラフィンなどの固形の油を溶かして塗って使うのが特徴です。

自宅で行うには、この温度調節が難しいようで、一部のエステなんかではこの方法でいまも脱毛をおこなっている所もまだまだあるのではないでしょうか?

blogger